チワワにおすすめなドッグフード!無添加で健康的!!

ドライフードVS缶詰 どちらの犬の餌がおすすめ?

 

ドライフードのメリットとデメリットとは

 

犬の餌には、ドライタイプと缶詰などに入ったウェットタイプとがありますが、ワンちゃんによってどちらが好きなのかは異なります。

 

どちらを選べばよいのか、またどんな時にどんなタイプが適しているのかを知るためには、まずドライフードと缶詰の特徴、そしてメリットとデメリットを理解することが必要です。

 

ドライフードはカリカリとした硬めのフードのことで、乾燥しているので保存性が高いというメリットがあります。

 

また、ウェットフードと比べるとリーズナブルに購入出来るので、普段はいつもドライフードにしているという家庭は多いでしょう。

 

ドライフードの場合、栄養バランスなどが考えられた成分配合になっているため、毎日の食生活を支えるフードとしては、ドライの方がおすすめです。

 

それに、ワンちゃんが食べる時には歯を使って噛むため、歯を鍛えるというメリットもありますね。

 

ドライフードはたくさんの商品がラインナップされていますが、商品によってはワンちゃんの健康被害を引き起こすリスクのある成分が使われていることがあるという点がデメリットとして挙げられます。

 

ドライフードの成分をチェックしてみると、ミールやチキンパウダーなど、よく分からない成分が表記されているものがあります。

 

こうした成分は、フードのカサを増やすために使われているもので、食材としてのレベルは決して高いものではなく、食べてはいけないレベルの食材なのです。

 

そのため、ドライタイプの犬の餌を選ぶ際には、成分表示をきちんと確認して賢く商品選びをすることが大切です。

 

また、ドライフードは乾燥したフードなので、フードだけではワンちゃんは水分を補給することができません。

 

そのため、食事と一緒に水分を飲むことが必要となります。

 


チワワのおすすめドッグフード

 

 

ウェットタイプのメリットとデメリット

 

普段食べているドライフードよりも、たまにしか与えないウェットタイプのほうが好きというワンちゃんはたくさんいます。

 

確かに、ウェットタイプは風味が良くて美味しく味付けされているので、ウェットタイプ好きのワンちゃんは多いのですが、栄養バランスという点ではドライフードほどしっかり充実しているわけではありません。

 

そのため、ウェットタイプを毎日の食事にするのは、あまりおすすめではありません。

 

また、ウェットタイプは缶詰に入っているものが多いため、どうしても食品添加物が使われているケースが多いという点もデメリットの一つと言えます。

 

あと、保存期間が短いという点もウェットタイプのデメリットです。

 

ウェットタイプは常温保存ができないので、ボウルに入れてもすぐに食べてくれない時には、30分ぐらいで破棄するのが良いでしょう。

 

缶詰を開けてもすぐに食べない場合には、冷蔵庫もしくは冷凍庫での保管となりますが、冷蔵庫の場合には1日?2日ぐらいで食べるのが理想的で、あまり長期の保存はできません。

 

冷凍保存ならもう少し長持ちしますが、鮮度や風味が落ちるので、食いつきが悪くなってしまうかもしれません。

 

その点もまた、ウェットタイプのデメリットと言えます。

 

ウェットタイプにもメリットがあります。

 

1つ目のメリットは、ドライタイプと比べるとワンちゃんの食いつきがバツグンに良いという点です。

 

もちろん、その子によって好き嫌いはあるものの、ウェットタイプの方が食いつきが良い子なら、食欲がない時や体調が悪い時などにウェットタイプを与えるという使い方ができますね。

 

2つ目のメリットは、フードの中にすでに水分が含まれているため、食事を食べるだけで必要な水分も摂れるという点があります。

 

病気の時などには、食事を与えるだけでも一苦労することが多いので、少量でもしっかり水分も摂れるウェットタイプが活躍してくれるでしょう。

 


チワワのおすすめドッグフード

 

 

おすすめはこのブランド

 

ウェットタイプのフードは保存期間が短いので、購入するなら大きな缶ではなく一回で使い切れるくらいのサイズを選ぶのが賢明です。

 

オーストラリアブランドのシーザーは、たくさんのウェットタイプの犬の餌をラインナップしているブランドですが、フレーバーのセレクションが豊富な点が人気です。

 

鶏肉はもちろん、ビーフやラム、白身の魚などが充実していますし、チーズが入っているものや、野菜がたっぷり入ったものなどもあります。

 

缶詰1個が100円程度で購入出来る手軽さも人気の理由と言えるでしょう。

 

グルメなウェットフードが欲しい人なら、イタリアブランドのアルモネイチャーがおすすめです。

 

これはウェットタイプでも無添加タイプという点が特徴なのですが、それだけではなく使われている原料はすべて人間が食べても安全なヒューマングレードになっている点がメリットですね。

 

鶏肉&エンドウ豆、ラム&ポテト、タラ&グリーンビーンズなどディナープレートのような組み合わせのフレーバーが充実しており、ターキー&ズッキーニなどオシャレな雰囲気のフレーバーもそろっています。

 


チワワのおすすめドッグフード