チワワに与えるドッグフードに含まるべき成分について

チワワに必要な栄養素について

 

人間が病気になるように犬も病気になります。

 

ペットを自分の家族のようにかわいがるのであれば、ペットの健康管理も飼い主の重要な役割になりますね。

 

健康管理で重要になってくるのが食事ですよ。

 

食べている物によって含まれている栄養成分が異なるため、それがペットの健康状態を左右することにつながるのです。

 

チワワをペットとして飼われている方は、食べさせているチワワのドッグフードの栄養成分を気に掛けたことがあるでしょうか。

 

大切なペットに長生きしてもらいたいのなら、チワワに必要な栄養成分についてしっかりと理解して、それが補えるドッグフードを選ぶようにするといいですよ。

 

チワワは体は小さいのですが好奇心が旺盛でとても活発に動き回るのが特徴です。

 

飼い主が抱っこしていても、突然飼い主の腕から飛び出してジャンプするなど、予期せぬ行動を起こすこともあります。

 

しかしながら体が小さい分、骨が細いので膝や肩などの関節トラブルに見舞われやすく、ちょっとしたことで骨折する危険性も持ち合わせているのです。

 

チワワ ドッグフード

 

実際にそういったチワワのケガの報告は少なくありません。大切なペットをケガから守るために摂りたい栄養成分が、たんぱく質、脂肪、炭水化物、カルシウム、水分などになります。

 

カルシウムは骨を構成する成分として必要な栄養成分なのですが、チワワの場合、人間よりもはるかに小さい体でありながら人間よりも10倍ものカルシウム量を取る必要があるのです。

 

チワワの骨は一本一本がとても細いので、骨を強く丈夫にするためのカルシウムとリンの栄養成分の補給が欠かせなくなります。

 

また体が小さいのでスタミナを維持することが難しいことがありますので、炭水化物や脂質、たんぱく質をしっかりと補ってスタミナを補給してあげましょう。

 

そして活動的なチワワに必要な栄養成分として、コンドロイチンやグルコサミンといったものも加えるといいですね。

 

人間も一定の年齢に達して来ると軟骨がすり減ってきて関節に痛みを感じるようになります。

 

もともと骨の細いチワワは関節トラブルも起こりやすいので、軟骨成分の元となるコンドロイチンやグルコサミンを補給してあげるのです。

 

このような栄養成分を含んでいるドッグフードを選んで与えてあげることで、チワワの骨や関節を丈夫にして、健康体を作ってあげることができます。

 

そのためにもドッグフードを選ぶときはきちんと配合されている栄養成分を確認した上で購入することが大切ですよ。

 

チワワ ドッグフード